誰でもできる!ゼロから始める家庭菜園【準備編】

 
MEMO
 この記事は約3分でお読みいただけます。

 家庭菜園ってどうやって始めるの?といった疑問をよく耳にします。

 実は、当サイトの管理人も家庭菜園の経験はあるのですが、初めての家庭菜園は、率直に申しまして、見様見真似で特に何を調べるわけでもなく適当に行いました。

 しかし、そんな考えうる限り最も非効率的なやり方でも、ベランダ家庭菜園で何とか収穫までこぎつけることができましたので、中々手が出せない方も「家庭菜園って意外とハードルが低いものなんだ!」と認識を改めてみてはいかがでしょうか?

 そこで今回は、実際に家庭菜園を経験してみて、「最初からコレは用意した方がよかったな…」と思った道具についてピックアップしていきたいと思います。

植栽用アイテム


 植物を育てる際に必要となってくるもの、または、あると家庭菜園が楽になるものをご紹介していきます。

プランター


 プランターは言わずと知れた必須アイテムです。

 小型から大型までなサイズがあり、野菜に合わせて大きさを選ぶことが大切で、例えば、小松菜やホウレンソウなどの葉菜類は標準的なプランターで問題ありません。

 また、ニンジン・じゃがいも・ダイコンなどの根菜類は、深めで大型のサイズを選ぶようにしましょう。

ポリポット


 苗を買う育て方ではなく、種を播いて育苗する際に使用するポットです。

 直径3cmの最も小さいサイズを1号ポットといい、このポットを卒業するころにプランターや、そこそこ大きな鉢に移し替えるといった流れで行うことが多いです。

 ポットの底穴から用土が洩れ出るのを防ぐ、鉢底ネットも忘れずにもちいましょう。

 また、「種」より「苗」からスタートした方が、難易度が下がりますし、成長スピードが速く感じられるので、初心者の方はなるべく苗からスタートした方が無難でしょう。

培養土


 野菜用の培養土は、野菜がしっかり育つように、酸性度が適切に調整されたものを。

 野菜は酸性度が強いと生育が阻害されるため、pHの低いものを選ぶようにしましょう。

 ただし、野菜によっては適した土壌酸度が異なるので、育てたい野菜に適したpH値かどうかはチェックはしっかり行いましょう。

 プランターの底から用土が洩れるのを防ぎ、水はけをよくする効果もある、鉢底石も用意しておくとよいでしょう。

肥料


 追肥として用いるものを指しますが、野菜用のしっかりした培養土を用いていると、必要ないことがほとんどです。

 また、様々な種類がありますが、よく効果を理解して状況に合わせた使い方をしなければ、逆に植物を弱らせてしまうこともありますので、くれぐれも適当に使用しないようにしましょう。

移植ごて


 簡潔に言うと、家庭菜園用のスコップで、意外にも結構な出番があります。

 土をすくうだけでなく、植え穴をあけたりする作業に使えたりする優れものです。

じょうろ


 こちらも言わずと知れた必須アイテムです。

 小さい鉢やポリポット用のものは、口の小さなものを用いると土を掘りすぎてしまう恐れがあるので、シャワー口のじょうろが便利です。

 大きなプランターを使用されている方は、大きめのものも所有しておいた方が、より効率的に水やりを行うことができます。

収穫用アイテム


 続いて、収穫前や収穫時にあって良かったと思ったアイテムをピックアップしていきます。

 「思ったよりも大きくなった!」という時も、これらがあれば安心です。

園芸用はさみ


 収穫や生育途中の管理作業に必要な園芸専用のはさみです。

 想像以上に茎やヘタ付近は堅いので、普通のはさみを使うと、簡単に壊れてしまうような場面もあり、注意が必要です。

 なるべく専用の園芸用はさみを使うようにしましょう。

支柱


 全ての野菜に必要なわけではありませんが、ナス・トマト・プチトマトなどの野菜のように、種類によっては生育に合わせて支えが必要となるものがあります。

 支柱は、茎と園芸用の糸で巻き付け、また、100円ショップなどで、園芸用の紐は売っておりますので、そちらを購入して支柱と茎に巻くと、総合的に安価で抑えられて便利です。