肥料を使いこなそう!【適切な利用法とタイミング】

 
MEMO
 この記事は約9分でお読みいただけます。

 初心者向けの作物は、ホームセンターなどで購入した野菜用の培養土を用いるだけで、問題なく育つことがほとんどでしょう。

 ただ、数回の収穫を経ると、より家庭菜園を楽しみたいという欲が出てくるものです。

 今回は、「もっと家庭菜園を深く知りたい!」という方向けに、肥料について深堀していきたいと思います。

植物を育てる栄養素

 肥料とは、端的に説明すると植物がしっかり育つために必要な栄養素のことを指します。

 ひとえに栄養素といっても様々な種類があり、例えば多く与えすぎたりすると、逆に病気になったりすることもあるので、肥料を用いる際は、必ず適切な使用法や育てる植物との相性を確認するようにしましょう。

 まずは、代表的な栄養素である肥料の三要素(窒素・リン酸・カリ)と肥料の中量(二次)要素(カルシウム・マグネシウム・硫黄)について見ていきましょう。

窒素(N)

 葉と茎の生育を促し植物を大きく育てる栄養素で、葉色を濃くする効果もあります。

 窒素が不足すると、葉が小さくなったり葉色が薄くなったり、植物が貧弱になってしまいます。

 そして窒素が過剰になると、葉が異常に増え、色も必要以上に濃くなるばかりか、逆に花や実はつきにくくなります。

 一見健康的な状態に見えなくもないですが、実際はかなり軟弱な状態になっているため、病害虫の被害が発生しやすくなってしまいます。

リン酸(P)

 開花や根の伸長を促進する栄養素で、花数を増やすだけでなく実着きを良くしてくれます。

 不足すると花が咲きにくくなったり、実着きが悪くなったり、根張りが弱くなったりします。

 肥料の三要素のうち、リン酸のみ過剰症の心配がありません

カリ(K)

 茎や根を丈夫にするだけでなく、暑さ・寒さ、そして病気・害虫に対する抵抗性を高めてくれる栄養素で、正式名称は元素名のカリウムですが、肥料ではカリと呼ばれます。

 不足すると寒暖や病害虫に弱くなり、根や茎も柔らかくなってしまいます。

 また、過剰に使用すると下記のカルシウムやマグネシウムの吸収率を低下させてしまうため、注意が必要です。

カルシウム(Ca)

 植物の細胞を強化し、根を正常に発育させる栄養素です。

 土の中ではアルカリ性を示すので、酸性の土を中和される目的で使われることもあります。

 逆に酸性を好む植物の場合は、過剰使用は控えましょう。

 欠乏すると、特に新芽の成長に悪影響が出るばかりか、トマトや白菜などの特定の野菜では病気が起こることがあります。

マグネシウム(Mg)

 葉の葉緑素の成分を増やし、植物の成長に欠かせない光合成を促進する栄養素で、脂肪の生成にも関わっています。

 欠乏すると葉が部分的に黄色くなったり、斑点が現れたりといった生育不良が起こり、逆に過剰に与えすぎても生育不良が起こりますので、適量を保ちましょう。

硫黄(S)

 植物体中の酸化・還元や、生育の調整などの生理作用に関与する栄養素です。

 硫黄が不足すると植物は十分に生育できなくなり、古い葉がひどく黄色になると硫黄が不足している可能性が高いです。

 過剰症はありませんが、土の中では酸性を示すのでpH調整の際には注意しましょう。

肥料の種類

 栄養素だけでなく、肥料にも様々な種類があり、種類によって特徴が異なります。

 肥料の種類は大きく分けると3種類あり、そちらをご紹介していきたいと思います。

 また、使用量・頻度については、必ずお手持ちの肥料の記載に従って使用するようにしましょう。

有機質肥料

 有機質肥料とは動物や植物由来の肥料を指し、効果がゆっくり出て長期間持続するといった特徴があります。

 また、微生物による恩恵も受けられるので、土をふかふかの状態に土壌改良することもできます。

 有機質肥料は、先ほどお伝えした肥料の三大要素を含みますが、含有量が種類によって異なるので、場面に合わせて選んでいきましょう。

 一方で、動物のフンなどがベースになっているものが多いので、臭いがきついものが多いという欠点があります。

化成肥料(無機質肥料)

 一方、天然の鉱物からできている肥料を化成肥料と言い、有機質肥料と比較すると効果に即効性があるのが特徴です。

 その反面、有機質肥料と比較すると効果は長く継続しませんが、数日間は土に残るので過剰使用のリスクが出てきます。

 とはいえ、鼻につく臭いなどもなく初心者にも使いやすい肥料と言えるでしょう。

 また、有機質肥料のように土壌改良はできません

液体肥料(液肥)

 液体肥料は、固形肥料(有機質肥料と無機質肥料の総称)とかなりテイストの異なった肥料で、一般的に市販の液肥を水で希釈して使用します。

 固形肥料と比較にならないほどの即効性と、流動的でその場に留まることができないという特徴を持ち合わせています。

 ですので、肥料の過剰使用の防止・緊急時の葉面散布など幅広い用途にて低リスクで利用できるスグレモノです。

 また、「過剰に使用してしまった!」と思った際は、水で洗い流すようにすれば問題ありません。

 一見メリットだらけに思えますが、効果が一時的なものであるため、日々使用する必要があり、与え忘れにも注意しなければなりません。

適切なタイミング

 実は肥料を使うタイミングもとっても大事なのです。

 各栄養素の特徴と肥料の種類に関する理解を深めたところで、次は適切なタイミングについて見ていきましょう。

元肥(もとごえ)

 植え付け後に作物がすくすくと育つよう、種や苗の植え付けを行う前に与える肥料を、元肥えと言います。

 そして、元肥えには肥料の3要素である窒素・リン酸・カリウムが含まれる有機質肥料が適しいます。

 また、有機質肥料は効果がゆっくり出るので、この点も元肥向きとである言えるでしょう。

 特にスタート地点であるこの時期は、葉や茎の成長が最も重要となってくるので、窒素が多めの肥料がオススメです。

追肥(ついひ)

 植え付け後は、ほとんどの作物にて元肥の肥料効果が薄れてきます。

 そこで、肥料を必要に応じて更に加えていくのですが、この追加で施す肥料のことを追肥といいます。

 元肥と異なり、生育中の作物に早急な効果が求められるため、追肥には速効性のある化成肥料や液体肥料が使用されることがほとんどです。

 また、化成肥料は過剰使用のリスクがあるため、まだ肥料を使い慣れていない方は、液肥で調整することをオススメします。

まとめ

 
 今回は肥料の種類や、肥料を使用するタイミングについてお伝えしました。

 肥料は作物を育てる上で非常に便利ですが、使いどころをしっかり理解しなければ、却って作物の成長に悪影響を与えてしまうこともある、表裏一体のアイテムです。
 

きゃろさん

欠乏症だけでなく、過剰症にも要注意!
 
 とはいえ、肥料を使いこなせると育てられる作物の幅も広がること間違いナシなので、今まで以上に家庭菜園を楽しみたい方は、是非様々な肥料を試されてみてはいかがでしょうか?