食物繊維【健康的に痩せられるダイエットのオトモ!】

 

List:

MEMO
 この記事は約3分でお読みいただけます。

 皆様は食物繊維についてどこまでご存知でしょうか?

 一般的には便秘の解消に良い栄養素として知られていますが、実はそれ以上の役割を持っていたのです!

 今回は、そんな隠れた力をもつ食物繊維についてご紹介していきたいと思います。

食物繊維とは?

 食物繊維とは、人の消化酵素では消化することのできない食物由来の栄養素です。

 食物繊維は、水に溶けるものと溶けないものとで、大きく2種類に分けられます。

不溶性食物繊維

 水に溶けにくい食物繊維を不溶性食物繊維と呼ばれています。

 不溶性食物繊維は、穀類・野菜・豆類・キノコ類・海藻類などに多く含まれており、主に3つの特徴があります。

 まずは、よく知られている腸の運動を活発にして便通をよくする効果です。

 次に、よく噛まないと呑み込めないので、必然的に咀嚼数を増加させる効果があります。

 咀嚼数が増加するということは、歯並びが良くなったり、お腹いっぱいになりやすくなるため食べ過ぎを防いだりダイエットを初めとした美容面においても良いことづくめなのです。

 さらに、腸内環境を整える効果もあり、ビフィズス菌などの善玉菌が増えるのを助けます。

水溶性食物繊維

 一方で、水に溶ける食物繊維は水溶性食物繊維と呼ばています。

 こちらは昆布・わかめ・こんにゃく・果物・里いも・大麦などに多く含まれ、ネバネバした触感のものが多いです。

 こちらも主に3つの効果があります。

 まずは、腸内環境を整える効果で、こちらは不溶性食物繊維と同じ作用ですが、不溶性食物繊維よりも水溶性食物繊維の方が整腸効果が高いと言われております。

 そして、これはネバネバの触感の隠れた力なのですが、食べ物がネバネバのお蔭で胃腸内をゆっくり移動するようになり、このためお腹がすきにくくなるばかりか、食後の急激な血糖値上昇を抑える効果まであるのです。

 さらに、身体に悪いと言われている悪玉コレステロールを体外に追い出す役目まで果たしています。

 また、最近注目されている健康食品の素材として使用される水溶性食物繊維も多く、そちらに関しては別の記事にてご紹介していきたいと思います。

まとめ

 
 今回は食物繊維についてご紹介しました。

 便通を良くするだけでも紛うことなき素晴らしい効果ですが、それを押しのけるほど様々な健康的な作用を持っているの、とっても働き者の栄養素なのです。
 

きゃろさん

心筋梗塞・糖尿病・肥満などの生活習慣病の予防にも役立つと言われています。
 
 さいごに、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方ともが素晴らしい効果を持っていますので、是非バランスよく摂取するようにしましょう!

 ちなみに当サイトの管理人も、キノコ類やもずくなどの海藻類は意識して摂取するように心がけています。