きゅうりの栄養辞典【世界一栄養のない野菜は嘘?!】

 
MEMO
 この記事は約3分でお読みいただけます。

 皆様は、きゅうりが世界一栄養のない野菜としてギネスブックに登録されていることはご存知でしょうか?

 実はこの情報は日本人の勘違いで、きゅうりは世界一栄養価が少ない野菜ではないのです。

 今回は、そんなきゅうりの栄養素について見ていきたいと思います。

ギネスブック勘違い騒動

 それでは、きゅうりはなぜ世界一栄養がない野菜と言われているのでしょうか?

 その答えは、実は世界一栄養がない野菜でなく、世界一カロリーの低い野菜としてギネス認定されていて、日本人がその意味を勘違いしたことが原因であると言われているのです。

 実際、確かに特段栄養がある野菜ではないのですが、かといって不足しやすい栄養素が含まれていないわけではありません

実は優秀な栄養素!

 むしろ、栄養がないどころか、私たちが不足しやすい栄養素をバランスよく含んでおり、特に今の季節には是非一品に加えていただきたいほどです!

 そんなきゅうりに含まれる優秀な栄養素を以下にピックアップしていきたいと思います。

カリウム

 きゅうりにはカリウムが豊富に含まれています。

 カリウムは過剰な塩分を体外に排出する作用があるため、体内の塩分調整に役立つ栄養素です。

ビタミンC

 言わずもがな、ビタミンCは健康と美容に欠かせない栄養素で、きゅうりにはビタミンCも含まれています。

 それだけでなく、免疫力を上げ、風邪になりにくする効果もあります。

ビタミンK

 きゅうりには水溶性のビタミンCだけでなく、脂溶性のビタミンKも十分に含まれています。

 ビタミンKは血の健康状態を保つだけでなく、特に女性はカルシウム・ビタミンDと共に摂取することで骨粗しょう症の予防を行うことができる重要な栄養素です。

不溶性食物繊維

 きゅうりのシャキッとした触感はこの不溶性食物繊維由来のものです。

 不溶性食物繊維は、腸内環境を整え、便秘の解消などにも役立つ栄養素です。

まとめ

 
 今回はきゅうりの栄養素について見てきました。

 意外にも、きゅうりは栄養がないどころか、必要な栄養素を十分に含んでいたのです。
 

きゃろさん

きゅうりは不足しやすい栄養素を補完してくれてサラダにも加えやすい、とっても便利な野菜なのです!
 
 特に美容や健康においては、きゅうりは女性の方にとって需要が高い栄養素をふんだんに取り揃えておりますので、是非サラダなどにして今まで以上に摂取されてみてはいかがでしょうか?